2006年02月13日

トリノオリンピックを観て 7

ジャンプノーマルヒル終了。

日本人のメダルは残念ながらなりませんでしたが,最後のメダル争いの2回目のジャンプは見ものでした。熱のこもった大接戦でした。

1回目上位の選手も2回目いいジャンプをしないとメダルが取れないのです。
上位3名は2回目失敗でメダルを逃してしまっていました。
ちなみに金メダルは1回目6位だったノルウェー人。

1〜2メートルの争い,ちょっとした飛形点の争い,精神力の争いでした。

ラージヒル,団体戦にも期待です。日本人にも。
posted by Shin-Shin at 03:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13214162

この記事へのトラックバック

ジャンプ・団体戦 日本の順位は?
Excerpt: かつては日の丸飛行隊として日本のお家芸であったスキージャンプ競技。 ルールの変更もあって、昨今は厳しい戦いを強いられている。 そんな中、岡部・伊東・葛西は調子を上げつつあり、ひょっとすると原田の..
Weblog: e B e t@eBet
Tracked: 2006-02-15 18:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。